くすきの杜 > お知らせ > 子どもたちへ 短冊に夢を! 七夕まつり 7月1日〜7月7日

子どもたちへ 短冊に夢を! 七夕まつり 7月1日〜7月7日

投稿日:2020/07/02

心身日々良好 くすきの杜

7月1日から7月7日の間

ゆうゆうひろばに、短冊をつるす竹をたてました。

地域の子どもたちに、短冊に夢を描いてもらいたいと願っています。

 

 

七夕は、漢方… 東洋医学と深い関係があります。

短冊をつるす笹は、古来より、穢(けがれ)を払い、いろいろなものを清めるはたらきがあるとされてきました。

地鎮祭には四方に笹をたてて結界を貼りますし

神社仏閣の煤払いには、竹を使います。

また、防腐剤も冷蔵庫もなかった昔から

おむすびなどを笹でくるんでいました。

 

 

 

そして、短冊ですが 「五色の短冊〜♪ 」と歌にあるように5色あります。

これは、東洋医学の大切な教えである陰陽五行説の5色から来ていると言われています。

森羅万象、あらゆるものを五要素で分類したのが陰陽五行説ですが、

短冊が5色であるのも、あらゆる要素を含むという意味で

 

七夕の時期は、梅雨があけて夏がはじまる季節の変わり目の時期

この時期に、短冊に願いを書き意識を変えて、五臓六腑のけがれを払い清めて体調管理に望む

という意味合いがあるのではと筆者は考えています。

 

 

 

 

子供たちの魔除けになるように…

生きた竹を用意させていただきました。

 

 

伊万里を代表するクリエイターさんが

すてきな動画もつくってくださいました。

↓     ↓


 

未来を担う子どもたちにとって 魔除けになるように

大切にしてほしい行事です。

あそびに来てくださいね!