くすきの杜 > お知らせ > “街全体を薬草園に”20201017徐福のくすき、秋のウェルネスツアー

“街全体を薬草園に”20201017徐福のくすき、秋のウェルネスツアー

投稿日:2020/10/19

くすきの杜は、

薬草や天然物を愛する地域の有志の方と力を併せて

“街全体を薬草園に”という夢を叶えるべく

金吾農園の吉田金吾さんを筆頭にした

“徐福のくすき”というグループを創っています

徐福さんは、キングダム(秦の始皇帝)の時代に

不老長寿の薬を探しに日本に渡来した方

その徐福さんにちなんで、徐福のくすきと命名させてもらいました。

今回は、

くすきの杜(東洋医学的体感施設) →

金吾農園さん(お野菜・薬草) →

素ヱコ農園さん(養鶏卵) →

フェルマ木須さん(もち麦)→

nedoco?(民泊)さんというコースです。

 

各拠点をまわりながら、わらしべ長者方式で地元の食材をゲットしながら民泊のゴールを目指す旅です。

 

 

 

まずはくすきの杜でプチ薬膳講座

 

 

そして金吾農園さんに

 

 

トム・ソーヤを彷彿させる素敵なウッドデッキ

金吾さんの手作りなのです。すごいです。

 

 

農作物の収穫体験

 

 

でっかいゴボウを掘らせていただきました

 

 

 

くすきの杜でも販売させていただいています 認定薬草用陶器 黒曜石焼きでのお茶を

いいもりの里の中嶌さんがチェーンソーで作られた
スウェーデントーチで煎じます。

 

 

お芋も黒曜石焼きで焼き芋に

 

 

 

次は、素ヱコ農園さんに

 

 

 

伊万里の未来を担う若手の農園経営者 松本くんです。

 

 

靴も消毒して養鶏所へ

 

 

かわいいヒヨコちゃんたちに癒やされました。

 

 

産みたての卵をいただきました。

 

 

本当に立派な卵です

 

 

次は、フェルマ木須さんへ

 

 

広大な面積の畑を運営しておられるフェルマ木須さん

善斉さんに、そのお仕事を詳しく説明していただきました。

 

 

これぞ、金色の野原

 

 

普段見ることができない農機具

 

 

運転席に座らせていただきました。

 

 

フェルマさんのもちむぎやお米をつかった絶品の数々

 

 

これぞ薬膳です!

 

 

お野菜もいただきました。

 

 

そして、民泊nedoco? さんに行き、皆で収穫物をいただきました。

すばらしい薬膳の数々でした。

 

フェルマ木須さんのごはん 金吾農園さんのゴボウの味噌汁

そして、素ヱコ農園さんの卵

最高の食養生を体験させていただきました。

体験することにより

生産者の方の熱い思いや 大変なお志事にふれることができました。

そして生産者さんに感謝をしてみんなで頂きました。

本当に命をつくる大切な食を体感させていただきました。

また企画いたします。

みなさまもぜひご参加くださいね。