くすきの杜 > お知らせ > 薬学部で授業をさせて頂きました

薬学部で授業をさせて頂きました

投稿日:2020/10/10

心身日々良好 くすきの杜のメンバーで

薬学部の大学に出向して、東洋医学的体感メニューを体験していただく授業をさせてもらいました。

 

大学で東洋医学のことをお伝えするのは、10年になりますが、

今年は、はじめてのZOOM授業でやってみたり

そして、今回は、100名の学生さんを半数にわけていただき

2クールの授業をさせていただきました。

 

学生さんとも 距離を十分にとって フェイスガード 消毒を徹底して喋らせていただきました。

体験ブースの方は、全10班にわかれていただき、5つのブースを体験してもらいました。

今回 初の試みの鍼灸師によるお灸体験会です。

 

 

ほとんどの学生さんが初体験でした。貴重な機会になったと思います。

 

薬膳グラノーラ

学生さんには事前レクチャーでトッピングを選んでいただく形をとり

今回はスタッフが動き学生さんの接触機会をゼロにしました。

 

 

薬草入浴剤つくり ワークショップ

こちらもスタッフが動き学生さんの接触機会をゼロにして行いました。

 

今回初の試みで

小島利津先生による太極拳のブースを担当していただきました。

 

太極拳は、高齢者の転倒防止の運動提案として学生さんにはお伝えしました。

 

こちらも今回初めての試みで

峯三保先生に 瞑想と呼吸のヨガブースを担当していただきました。

 

呼吸法のエクササイズとして極めて有効なヨガを体験してもらいました。

 

 

今回の授業と体験を通じて

学生さんに

薬局は患者さまにとって一番身近な医療従事者である強みがあること

薬局の健康寿命増進のための予防提案の未来の可能性があること

学ぶと同時に実践する事、まずやってみることが大切であること

薬局薬剤師も積極的に他業種と連携して健康提案してほしいこと

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)流行中の医療従事者として健康提案の情報に対するナビゲーションを担うべきであること

お伝えしました。

わたしたちの未来そのものの薬剤師の卵さんたち

未来に希望をもって突き進んでほしいと願っています。