くすきの杜 > メイキング・オブ・くすきの杜 > 敷地に辻札を立てて土地を守ります 2018年12月

敷地に辻札を立てて土地を守ります 2018年12月

投稿日:2019/12/13

くすきの杜

平面の造成と建築の計画がまとまるまで時間がかかります。

その間、土地を守り、鎮め、清めるために

2018年の12月より敷地の周りに辻札を立てさせて頂きました。

 

辻札とは

古来我が国で村々の境に建てられ、悪いもの(疫病など)が入って来ないように建てられていたそうです。

佐賀県西松浦郡有田町と三川内の境には建てられた札があるそうです。

 

 

 

 

御札は、金峯山寺で購入させていただきました。

 

お砂、お塩、お神酒、お水などで敷地を清めていきます。

 

 

そして、土地の角に辻札をたてていきます。

 

 

 

 

 

敷地の造成や建築が始まるまで

守っていただきます。